waterton-glacier national park, banff national park, jasper national park,
yellowstone national park, grand teton national park
(8/8/1992〜8/16/1992)

夏休みに、カナダとアメリカの国立公園5カ所をドライブしてきました。
カナディアンロッキーは雄大ですし、何度目かのイエローストーンはいつも違った印象を受けます。
アメリカの国立公園はどこでも、車1台5ドルで入園できますし、とっても広いので見所満載です。年間パスってのも販売しているので、何カ所も行かれる方はそちらをお求めになられた方がお得かもしれません。
当時はアメリカはネバダ州のリノ市に住んでいたので、そこからの長距離ドライブになりました。ルートと所要日数を記載しましたので、参考にしてください。

初日はリノ(A地点)からアイダホホールズ(B地点)まで1200q弱、半日がかりのドライブのみです。
運転は、だいたい2時間交代で、トイレ休憩と給油、食事を兼ねて停まります。とにかく距離を稼ぎたいので進むのみです。
なつめぐにとって、長距離ドライブはつまらないものの極致です。すぐに飽きてくるので、車のカセットからは童謡を流し続け、クーラーボックスにはジュース完備、おやつはいつでも食べられる状態、おもちゃ、絵本、お絵かきセットも多彩に準備します。

帰りはソルトレークシティー経由でルート80を使いましたが、行きは、ルート93を北に走りました。




2日目アイダホホールズからグレイシャー国立公園に入り宿泊。
3日目場所を替えてグレイシャー国立公園宿泊。
4日目ウォータートン国立公園に宿泊。
5日目バンフ国立公園入り、レイクルイーズに宿泊。
6日目ジャスパー国立公園観光、レイクルイーズに宿泊。
7日目カルガリーを観光して、モンタナ州のリビングストンに宿泊。
8日目イエローストーン国立公園、グランドテトン国立公園観光、ソルトレークシティー宿泊。
9日目ソルトレークシティーからリノまで830q、8時間のドライブです。


が宿泊場所です。クリックするとそちらにとびます。
ジャスパー国立公園 バンフ国立公園 カルガリー ウォータートン国立公園 グレイシャー国立公園 リビングストン イエローストーン国立公園 グランドテトン国立公園 アイダホホールズ ソルトレークシティー


8月8日 リノ〜アイダホホールズ
8月8日リノから1200qの位置、アイダホ州アイダホホールズ市でまず宿泊。
Best Western Ameritel($54+tax)
8月9日〜11日 グレイシャー国立公園  
谷間に咲き溢れる赤、青、黄、白色の野花、まっ白な雪氷をかぶり、大空に向かってそびえる山々、険しく厳しい自然と、社会から隔絶された美しさを持つグレイシャー国立公園は、モンタナ州とカナダのアルバータ州にまたがる山岳国立公園です。面積は4758平方キロメートル、2国にまたがる世界でただひとつの国立公園です。
正式名称はウォータートン・グレイシャー国際平和公園(Waterton-Glacier International Peace Park)。

園内には、50以上の氷河が見られ、氷河がつくりだした200もの滝や渓流、湖が点在しています。また、3000M級のロッキー山脈が分水嶺をなし自然美に新たな味を加えています。
レイクマクドナルドは、シダー杉の森と山々に囲まれた静かな湖。長さ10マイル、幅1マイルで園内最大の湖です。
8月9日、レイクマクドナルドの南端にある The Village Inn ($83+tax)に泊まりました。
部屋からの眺望もすばらしく、絶好のロケーションでした。
夕方の散策も雰囲気があり、とても素敵でした。
湖の透明度は信じられないくらいです。
グレイシャー国立公園は一年中オープンしているものの、やはりシーズンは5月中旬〜10月中旬です。
真夏でも、日が陰ると寒いですよ。
8月10日 ゴーイングトゥザサン・ロード
Going to the Sun Road は、公園を横断する50マイルの道路です。
右に左に雄大な景色が次々に現れて飽きることがありません。
グレイシャー国立公園の山はどれも標高は低いですが、裾野が広くて谷底からの標高差が大きいのが特徴です。
草原に始まる道路はセントメリーレイク、ジャクソン氷河を過ぎるとぐんぐん高度をかせぎ、ローガンパスで大陸分水嶺と出会います。道は樹林限界すれすれのところを通っていますが、周囲の峰々には緑は見えません。氷河に寄って研ぎ澄まされた姿は気品さえ漂わせています。
どこに行くのもお気に入りのキャベッチパッチの人形と一緒です。
でも、これって本当はなっちゃんのなんです。
道路際の岩壁から水がしみ出して流れ落ちるウィーピング・ウォール(Weeping Wall)。
ローガンパス
Hidden Lake Overlook をハイキングしました。
ビジターセンターの裏から始まるもっともポピュラーなトレイルらしいです。
往復距離:4.1q
所要時間:2時間
出発点 : Logan Pass
難易度 : コースは徐々に登っていく比較的楽なもの。
Mt.Reynolds(2782m)です。
なっちゃんは、主人に背負われているから大丈夫ですが、めぐちゃんが最後まで歩けるか不安でした。
寒くなったら主人のトレーナーを剥ぎ取ります。
時々休憩、惚けた顔のなっちゃん。
高山植物の群落がたくさん見れました。
なっちゃんは背負われているだけですが、これも結構疲れるものらしいです。
あちこちから水がしみ出し流れています。
よ〜く最後まで頑張りました。めぐちゃん偉い!!
メニーグレイシャーホテル
8月10日、スイフトカレンレイクのほとりに建つ園内最大のホテル、Many Glacier Hotel ($85+tax)に泊まりました。
内装がスイス風になっていて「ハイジのアイスクリーム・パーラー」とか「インターラーケン・ラウンジ」なんてのもあります。
スイフトカレンレイクの夕方。
スイフトカレンレイクにもトレイルがあります。
ゴールド山やグリンネル氷河を見ながら湖を一周する平坦なコースです。
往復距離:4q
所要時間:2時間
メニーグレイシャーホテルの前は小高い丘になっており、その頂上から見下ろす景色は本当にすばらしいです。
焦げ茶色の壁に白い窓枠のホテル、険しくそびえ立つ山々、その間に広がる湖はふたつをさらに美しく映し出します。
澄んだ空気を思い切り吸い、気持ちの良い朝の始まりです。
どこの湖も透明度は抜群です。
思わず水遊びしてしまいたくなるらしいです。
あちこちで野生動物に会いました。
8月11日〜12日 ウォータートン国立公園
ウォータートンレイクもとても綺麗な湖でした。
8月11日、ウォータートンレイクの北端に建つ Prince of Wales Hotel ($115+tax)に泊まりました。
建物の美しさもロケーションもNo.1。
いきなりイギリスへ来てしまったかと思わせるリゾートホテルです。
周囲にはゴルフコースやテニスコートもあります。
宿泊しない人でも「バレリーのティールーム」に寄って、おいしいお茶と手作りのお菓子を食べるみたいです。
我が家はここで夕食を頂きました。とても素敵な眺めです。
ホテルの建っている所からウォータートンレイクを撮ってみました。
8月12日〜14日 カナディアン・ロッキー 
ロッキー山脈は北に行くほど険しくなり、美しくなるといわれています。雪をいただいた山々、針葉樹の森や林、しぶきをあげて流れる急流、信じられない色をしたたくさんの湖、愛嬌のある動物たち、あちこちに咲く高原の花々、雄大な氷河・・・・カナダの大自然とはカナディアン・ロッキーロッキーの景色のことらしい!!
ロッキーの山影を映す神秘的な湖、レイク・ルイーズは、「カナディアン・ロッキーロッキーの宝石」と言われているそうです。
その湖畔には豪華なシャトー・レイク・ルイーズホテルがありました。
前の庭には花が咲き乱れています。
8月12日〜14日の2泊、Lake Louise Inn ($272.13)を拠点にバンフ国立公園とジャスパー国立公園を回りました。
とっても美しいレイク・ルイーズ。
バンフ−ジャスパー間の93号線は通称アイスフィールド・パクウェイ(300q)で、ダイナミックな景色が展開します。
途中、バンフの街に寄ってみました。
コロンビア・アイスフィールド
コロンビア・アイスフィールド
この氷河の面積は230q、北極圏を除いて世界一だそうです。
クレパス、堆石、氷河を流れる水・・・・などをながめながらアイスフィールドを登ります。
雪上車によるガイド付きツアーもあるらしいです。
ここら辺りは、氷河を見ながら足下には高山植物が咲いているって景色が一杯です。
アサバスカの滝
水量はかなりものでした。
8月13日 ジャスパー国立公園
ここら辺になると、地名がさっぱり解らなくなっています。
ジャスパー国立公園の中のどこかです。
解る人がいらしたら教えて下さい。
いい加減でゴメンナサイ。
ウィスラー山頂
スカイトラムというロープウエイ(北米第2位の長さ)でウィスラー山頂に登ることができます。
展望台からは雄大な山々、川、湖、もちろんマウント・ロブソンも見ることができます。
でも、山頂は寒かった〜。ゆっくり景色を観賞する間もなく、さっさと下りてきてしまいました。
行かれる方は防寒具をお忘れなく!!
8月14日 カルガリー
カルガリーオリンピックの跡地は、オリンピックパークになっていました。
広いし、人はいないし、暇だったらのんびりしたい場所です。
スキーのジャンプ台です。
なつめぐは、何か新しい競技を始めてしまいました。
ボブスレーにも挑戦!!
リビングストン
8月14日、モンタナ州リビングストン市の Del Mar Motel ($56+tax)に泊まりました。
めぐちゃんは、寝起きでいきなりブランコで遊びました。
8月15日 イエローストーン国立公園
オールド・フェイスフル・ガイザー(Old Faithful Geyser)
約65分おきに4万リットルの熱水を40〜60mの高さに噴き上げます。
Faithful-忠実な、という名前のとおり、この100年間ほとんど一定の噴出時間、間隔、高さを保っています。噴出予定時刻はロッジのロビーやビジターセンターなどに掲示されています。

時間が近づくと大勢の人が集まってきます。
やはり、ここのガイザーが一番見応えがあります。
8月15日 グランドティトン国立公園
「シェーン!カムバック!」−西部劇の名作「シェーン」が撮影された場所です。
シーニックドライブUS191
ムースからMoran Junction までの18マイルはとても雄大なワイオミングらしい景色が続きます。
高原を彩る花の群落、アスペンの林、輝く湖水、動物たち、そしてもうひとつ、空気。
標高が高いせいだろうか、ティトンの空気の透明感には何か特別なものがあります。
今回は駆け足で回ったので、グランドティトンの良さを十分味わう事ができませんでした。
次回は、湖畔のトレイルをゆっくり歩いてみたいものです。
ソルトレークシティー
8月15日、ユタ州ソルトレークシティーの Little America Hotel & Tower ($85+tax)に泊まりました
いつも通り、すぐにプールで遊びました。
8月16日 ソルトレークシティー〜リノ
8月16日、この日はひたすらリノまで砂漠を運転するのみです。
ソルトレークシティーからは830q、だいたい8時間で帰り着きます。
ここは、自動車のスピード記録達成やレースで有名な Bonnevill Salt Flat です。辺り一面塩です。
inserted by FC2 system