High School Life (summer of 12th grade)

Summer School Schedule
3 week session Jun.16- Jul.3 8 a.m.-12:15 p.m. 14 days
3 week session Jul.7 - Jul.25 15 days

サマースクールは3週間毎に評価されるようです。
午前中の4時間授業なので、重複受講はできません。
この学区で講座があるのは、英語9~12・アメリカ史・世界史・幾何・政治学・経済学・保健・体育・コミュニケーションT・Uです。
3週間0.5単位×2で$180。住民登録されていない人は$236です。

10th前半の日記は 
10th後半の日記は 
11th前半の日記は 
11th後半の日記は 

2008年6月16日(月)
サマースクールが始まりました。
初日ということで、クラスの説明と自己紹介がありました。
期間中2回の欠席で落第だそうです。
なっちゃんが受講するのはEnglish 12 C.P.ですが、English 11 C.P.と同じ教室で、両側に別れて受けるそうです。
12を受講するのは、早期卒業の為がなっちゃんを含め3人。引越し等で早めに取りたいのが2人。12を落とした人が2人です。
11を受講するのは、30人位。殆どが落した人らしいです。
ということで、あまり出来の良いクラスではないのですが、レベルはCollege Prep.、皆大丈夫なのか?
初日なので早く終わったそうで、10時過ぎ「迎えに来て」との電話がありました。
先日までのBasicクラスの宿題は、教科書3ページを読むくらいなので、楽勝モードでした。
今回は、落第クラスと言ってもCollege Prep.ではあるし4時間授業なので、宿題は教科書40ページを読んでくること。翌日、それについて全員で討論をするらしいです。
6月17日(火)
今日から自分で運転して行くことになりました。
「危なくない?大丈夫?送って行く方が良いんじゃない?」との主人からの批判はスルーして、強行突破です。
10時半、ガレージが開く音が・・・?
本日も2時間で終わったそうです。
「やっぱり自分で運転して行って正解だわ。迎えを待つ時間が結構苦痛だもん」とのこと。
11、12年生ともなると、自分で運転して通学する子の方が圧倒的に多いようです。
6月18日(水)
今日は10時45分に帰ってきました。
12時まで授業をすることはあるんだろうか?
毎日2時間で終わる授業にキレた女の子がいたそうです。「こんなのに$180も払う義理はない!!」
宥めようと先生が、「もっと勉強したければアフタースクールという手もあるし・・・」と言っても、「もういいです」と怒って教室を去るその女の子。
だって、その他大勢は早く終わって帰りたいばかり。「この子何言ってんの?」って感じでしょうか?
殆どが昨年英語を落としてしまったサボり魔の子達。もっと勉強したいと思って来ている子には物足りないクラスです。土台、同じクラスで勉強するということに無理があるのでは?
先生はEnglish 11 の方を見る時間が長く、その間ほっておかれる12のなっちゃん達。2時間の授業中も「暇で仕方がない」そうで、時間潰しに友達に手紙を書いているそうな。そんなんでいいのか?
6月19日(木) 
←サマースクールの成績の付け方です。


昨日、女の子が文句を言ったせいか?
今日は11時まで授業があったそうです。
否、授業じゃなくてただ帰る時間を遅くしただけのようで、暇な時間が長かっただけだったようですが・・・(ρ_;)
6月20日(金)
金曜日にはまとめのテストがあるらしいです。
「全部、埋めた」とのこと。今日も11時までだったけど帰ってきたのは12時前。昨日は1時過ぎ。自分で運転して行くのは良いけど、寄り道があるんだよねヽ(;´Д`)ノ
6月21日(土) TOEFL
今日は、車で45分の距離にある大学でありました。受験者は社会人ばかりのようで、今回はなっちゃんが最年少。
インド人は声が大きいのか?Speaking時の話し声に、どうしても注意を殺がれてしまうようです。前回の敗因はそれでした。
今回は、その上に、Readingのトピックが苦手な話題だったようです。宗教・時事・地理・・・。なっちゃんは常識に疎いので、英語が読めたとしても問題に答えられないという結果に(´・ω・`)
次回の予約をどうしよう?2ヶ月先だと願書提出に間に合わないし、1ヵ月以内にあるのは金曜日。サマースクールを休まないといけません。さて?
6月22日(日) farewell party
朝、タイ人の交換留学生からfarewell party(送別会)をするからとお誘いの電話がありました。電話に応対しているときにアメリカ人からメールがあり、その子は卒業生でもう会えなくなるので夏休みに遊ぼうと約束していたらしいです。電話をしながらメールに答えて・・・
送別会は今夜7時だそうで、エッ?何を持っていくよ?と家にあるものをひっくり返しながらカードを書いたり、ケーキを焼いたりしていたら、フランス人の交換留学生からも別の日にfarewell partyをするからとお誘いが・・・
慌しく話がまとまり、昼食後、アメリカ人の卒業生とショッピングに。卒業生の方は今夕方ある卒業パーティーに来ていく服を探しに、なっちゃんは餞別の品を探しに、その子をピックアップして2人でモールまでお買い物だそうです。
7時からのパーティーも地図片手に自分で運転していくそうなので、行動範囲が広がって頼もしいような、帰ってくるまで心配で堪らないような、不思議な心境です。
6月23日(月)
今日は10時45分に帰ってきました。
「サイラスがキモイ。サイラスがじっと見てくる。もう嫌だ〜〜〜」とかなり嫌がっています。
何故かサイラスとは縁があり(こんなこと言うとなっちゃんに怒られますけどね)、引っ越してすぐのスクールバスは同じだったし、ランチも同じ、ようやく避けれたと思ったら数学が同じになり、昨年はアメリカ史が一緒でした。そしてこのサマースクール。彼は6月に卒業したはずですが、どうやら英語を落としていたみたいで今回も一緒。なっちゃんも要領を得てきて、去年はひたすら無視を決め込み相手にも通じていたらしいのですが、人数が少なくなったからか?態度が露骨になってきた?無事にサマースクールが終わりますように('A`;)
6月24日(火)
今日は10時40分に帰ってきました。
先週金曜日のテスト結果が返ってきて、12年生は全員100%だったそうです。どうやら先生の点付けは甘いようで、ちょっとしか書いていない子も100%にしていたとか。その子は、大喜びで「100%なんて幼稚園以来よ。お母さんに電話しなきゃ」と家に電話していたそうです。不在のお母さんに代わって妹に散々自慢しまくっていたようです。
12年生の方はまだしも、11年生の煩さにはうんざりのようです。先生が12年生側に説明しているときの11年生が煩すぎて、「先生の声が聞こえないのよ」と。しかも、11年生のある生徒がコーヒーメーカー・紙コップ・ミルク・シュガー・スプーンを持参して授業中皆に振る舞っているそうです。12年生には勧められないようですが、コーヒー嫌いのなっちゃんは、匂いも駄目なので、「すっごく迷惑なんだけど。しかも、先生まで飲んでたのよ」と不満たらたらで、「サマースクールはゆるいって聞いてたけど、ここまでとは・・・ヽ(;´Д`)ノ」と。授業態度は悪いし、15分の休憩時間に買い物に行き間に合わない子もいるようですが、お咎めなし。
そういうのにイライラ・イライラ・・・・なっちゃんは、最後まで持つのでしょうか?
←今日の新聞のHonor Roll、Distinguish(GPA3.75以上)の欄に載りました。
何故かSeniorの欄。早卒が公けになったってこと?
今回化学がBだったのにGPAは4.00ありました。
4.00が最高だと思っていたのに・・・・?
何年いても解らないことだらけです(´д`lll)
夕方6時、ブラジルからの交換留学生とフランスからの交換留学生の合同の送別会。ホストファミリーの2人の男の子に慕われてかなりハイテンションで帰ってきました。→
出掛けるまでは億劫なのに、参加してしまえば毎回かなり楽しんで帰ってきます。
6月25日(水)
今日も10時45分に帰ってきました。これが定時なのか?
「今日は、コーヒー臭い上にシナモンの臭いまでプンプンして気分悪かったわ〜」と。11年生のコーヒーは、どんどんグレードアップしていきそうです。
昨年転校して来られたAちゃん。只今家族で一時帰国中ですが、元の高校への復学が決まったようです。ESLの先生のあたりが強かったので、3年生への復学が認められたのは喜ばしいことですが、なっちゃんにとっては寂しいこと。そして、ここに高校生を連れて来るなという流れになりそうで納得いかない様子。
「あなたがここの日本人初の早卒者として立派に大学に入学できれば、また違う流れもできるでしょ」と言ってみたものの・・・
何が正しく、何が間違っているかなんて、その時その場にいる人間にはなかなか解らないものです。時間が経ち、振り返ってみればあの時は、・・・って言えるんでしょうね。
6月26日(木)
どんどん学校に行く時間が遅くなっています。
自分で運転するから良いと思っているのか?
高速道路を使って5分の距離だけど、駐車するのに同じ位時間かかるのに・・・
今日はとうとう7時45分に登校ですヽ(;´Д`)ノ
昨日は7時40分に出たものの、すぐに忘れ物を取りに帰ってきました(1科目しかないのに、何を忘れるんだ?)
「ボコッ」というすごい音が聞こえたので、「まさかね・・・」と思いつつも確認したら・・・これです。
↑ 壁に穴が・・・ ↑ 意外にも、車体はわかりません。
ナンバープレートが庇ってくれたのか?
ゴミ箱にぶつける日が、近いかも?
車体は、ナンバープレートが庇ってくれたのか損傷は解りません。
ただ、壁は・・・、ナンバープレートを留めている2つのビス跡までクックリです(いくら弁償することになるのやら?)
今朝もすごい勢いでバックして出て行ったので(ガレージは前進駐車です)、危うくゴミ箱にぶつかりそうでしたヽ(;´Д`)ノ
ゴミ箱を反対側に移動しても(あるいは反対に駐車しても)いいのですが、ガレージの扉枠にモロぶつけてしまったら、その修理の方が高額になりそうで、ゴミ箱がクッション代わりです。
運転に慣れてきた頃が危ないし、慌てているから起こることもあります。もう少し余裕を持った行動を希望します。

今日は10時50分に帰ってきました。
「11年は、今日マックに行ったんよ。羨ましかったわ」と。一部の11年生(コーヒーのグループ)が15分休憩にマクドナルドでテイクアウトをして教室で食べていたそうです。その匂いが空腹を刺激するらしく、羨ましかったと。
8時から始まって10時に15分休憩があるそうですが、予定通り12時15分まであるならまだしも、このクラスは10時30分過ぎで終わるんだから、あとちょっとだけ待てばいいのに・・・
6月27日(金)
今日も10時50分に帰ってきました。
ガレージを見たら、車の前のスペースが随分空いていて、後ろがドアにギリギリです。「だって、怖いんだもん」と、再度ぶつけることを恐れているようですが、今度はシャッターが閉まらないかも?
今日は、12年生の3人が15分休憩から帰ってこなかったようです。「それで、エリザベスが『そのまま授業を続けてください』って怒ってさ。サイラスと3人で受けたのよ」と。「ちょっと待って。7人じゃなかったっけ?残りの一人はどうしたの?」と聞けば、「あれ、どうしたっけ?止めたっけ?・・・う〜〜〜ん?多分、最初から6人だったのよ」だそうですヽ(;´Д`)ノ
しかし、これってどうなの?エスケープはOKなの?先生がどこまで我慢できるかなのか?
6月30日(月)
10時40分帰宅。
予定では4時間のところ2時間半の授業、その中でも12年生に割かれるのはほんの30分位。あとは自習。皆やる気がなくなっても仕方ないとは思いますが・・・
宿題だけはCPらしく3〜40ページ分の教科書を読むこと。その内容を確認し合って終わりって感じの授業らしいです。普段は率先して内容を解説してくれるエリザベスが、「今日は疲れたから誰かやって」と言ったそうで、慌てた他の子達。3〜4話の中、いつも誰かが死ぬ話が多いので、「この男の人が死ぬんだよね」と適当に言った子がいたらしいです。「誰も死なないよ」と。読んでないってことが先生にバレて今日の宿題になりました。
そんなに甘くていいのか?
7月1日(火)
10時40分帰宅。
木曜日で前半3週間の修了です。期末テストみたいなのがあるのかと思っていたのですが・・・?
←これを渡されました。Field Trip(遠足、校外学習)の親の許可証?
サマースクール後半は、自分で決めた課題本を読んで、まとめ、発表、提出みたいなことをするらしいですが、その課題本を探しに、図書館に行くそうです。
最初のクラス説明の時に、過去に日本人で苦労したらしい先生が、「プロジェクトがあるけどね、君は外国人だから大変でしょ。絵本でもいいからね」と言われていたそうです。アララ・・・
そこまで甘い?(「最初の年にそう言って欲しかった」Byなっちゃん)
優しくて嬉しいような?バカにされて腹が立つような?
しかし、今日の宿題はシェークスピアのマクベス100ページのまとめ。差が有り過ぎるヽ(;´Д`)ノ
7月2日(水)
10時40分帰宅。
今日は、いつものコーヒーグループの一人が家からカウチ(3人掛け)を持ってきたそうです。
先生が12年生に説明している30分の間、11年生はそれぞれがお喋りに花を咲かせて滅茶苦茶煩いそうですが、11年生に説明している間の1時間半はとっても静かなんだそうです。ほぼ、寝ている?らしく、机に臥せって寝るよりもカウチで横になりたいと思ったのか?
さすがの先生もこれには、「持って帰りなさい」と。まさか拒否されると思わなかったその生徒は、ポッカーンとして「何で?」
「こんなことを許すと、次に君たちはコンポとかを持ち込むでしょ。ここは僕の教室じゃぁないし、駄目です(自分の教室だったら許すのか?)」と言われたそうです。
12年生はといえば、30分の先生の説明は11年生が煩すぎて聞こえないし、自習の1時間半はそれぞれが内職に励んでいるそうです。
そのうちの一人は、今日編み物を完成させたそうです。ベットカバーの様な大判の物だったらしく、沢山の色を使い透かし編み等の力作だったそうです。そして、それが何でどう使うか先生に説明していたそうな。先生も褒めていたそうですが、授業中に堂々と内職していていいのか?
過去この先生の担当した子でサマースクールで落ちたのは、たった一人らしいです。出席さえしていれば大丈夫ということ?
7月3日(木)
今日は図書館へField Trip。
現地に9時半集合、現地解散で11時帰宅。
目当ての本がなかったようなので、予約しました。

今日でサマースクール前半が終了しました。
成績表の配布があり、100%のAです。
これは当然なのであまり嬉しくもないようです。
「私1回休んだのに、0になっている。まっいいけどさ」という子がいたそうです。そうか〜、出欠でさえいい加減なのか〜ヽ(;´Д`)ノ
平日に欠席してTOEFLを受けに行くかどうか?欠席2回で落第っていうのを聞いていたので決心がつきませんでした。
「だったら、休んでもいいんじゃない?」と言うと、「12年生だと目立つから、無理だろうね」とのこと。
残念(ρ_;)
7月4日(金) 休校(独立記念日)
7月7日(月)
10時40分帰宅。
金曜日のTOEFLの予約をしました。Late Fee が$25かかって$175は、ちょっとイタイ。車で2時間の距離です。今度こそ、満足のいく結果でありますように。
7月8日(火)
10時45分帰宅。
SATの結果が届きました。
Reading 350点(前回より30点低い)、Math 580点(前回より30点高い)、Writing 430点(前回より70点高い)。思った程の伸びはないですが、SATは各セクションの良い点数を合計できるそうなので、今のところ1390点。まだまだランクVです。夏出願には間に合いませんヽ(;´Д`)ノ 
10月のSATを受けて、秋出願に備えます。
7月9日(水)
10時40分帰宅。
教科書のマクベスを読み終わった後、今週は月曜日から映画鑑賞です。古語がずいぶん使われていてアメリカ人にも難しい英語らしく、しかも暗い内容とあっては、エリザベスが「私、うんざりなんだけど。もうこの映画観たくない」と昨日文句を言い出したそうです。先生がアタフタして宥め、昨日は途中で終わり。今日その続きを観終わり、明日はまとめのレポートを書くそうです。普段の授業でこんなことを言うと、「だったらあなたが止めれば良いでしょう。落第ね」と終わるだろう話が、信じられないくらいに先生の威厳がありません。この方だけなのか?サマースクール一般にそうなのか?
こんなに緩いと無断欠席もスルーかもしれませんが、一応規則通りに、金曜日欠席のレターを書いて渡しました。
7月10日(木)
10月35分帰宅。
「今日の宿題は何にしようか?」と先生。おいおい生徒に聞くのか?
「私、本を読むのは嫌いだから、文章を書くのを宿題にして」と答えるエリザベス。
それを聞いて、「私、書くの嫌いだから、本読みを宿題にして」と答えるモニカ。冷えるその場の空気。慌てる先生。
「もうすぐ Book Reportを書かなきゃいけないから、取り合えず今日は本読みにしようか・・・」と宥めに入った先生。そんな毎日ですヽ(;´Д`)ノ
7月11日(金) TOEFL
車で片道2時間の場所に連れて行きました。
この会場は3度目、慣れたかと思えば?トイレのペーパーが切れていて、泣きたくなる?
成績って簡単に伸びないものですねヽ(;´Д`)ノ
7月14日(月) はじめてのおつかい
買い物後、11時帰宅。
日本でもあまりしてもらったことがないのですが、こちらでは初めてです。なっちゃんの必需品の牛乳が切れちゃったので、「買って来ようか?」との問いに、「じゃぁ、お願い」と。小銭の価値がイマイチ解っていない様なので、現場学習のつもりでしたが・・・、$20.55に、$20札と$5札を出したそうです。財布の中には小銭がジャラジャラ・・・ヽ(;´Д`)ノ
買い物リストは、ミルク2本・卵(18個入)・レタス・バナナ・イチゴ・キュウリ・牛挽肉(1ポンド)の7点。挽肉が2.5ポンド入りだったのは、冷凍すれば良いし、「全部すぐに見つけたよ」とのことなので、今度はもう少しハイレベルな品をお願いすることにします。
7月15日(火) 
10時30分帰宅。
11年生が学習していたHomer作のIliadが終わったらしく、それが原作の映画「TROY」を昨日から11年・12年合同で観ていたらしく、今日で終わったので少し早めの帰宅。
結局「最後には皆死んだ」そうですが、「アキレスがカッコイイの〜。ディカプリオ?ブラッド・ピット?解らんけど、有名な人だと思うよ。上半身裸が多くてさ、筋肉が美しかった〜」そうなので、検索したらブラビでした。「そうでしょ」と自慢そうなのはどうして?
7月16日(水)
10時40分帰宅。
6月21日に受験したTOEFLの結果がネットで公開されました。Reading 15、Listening 14、Speaking 17、Writing 18、Total 64点。
なかなか伸びませんヽ(;´Д`)ノ
即、来月の試験予約をしました。これで最後となるかもしれないので、得意分野の問題だったらいいのにな。
7月17日(木)
10時40分帰宅。
ちょっと勉強した後で、テニスに行くことになりました。クラブが始まる前のリハビリ期間だそうです。
二人で1時間半は、結構キツイ(´;ω;`)
7月18日(金)
10時40分帰宅。
今日も3時からテニス。その前に図書館に寄り、予約していたTOEFLの問題集をピックアップ。前回借りたこの館所蔵の問題集は、不届きな人が書き込みをしていて「やる気にならん」そうなので、他館からの取り寄せです。この町には大きな本屋がないし、ネットだと時間がかかるので、図書館は有難いです。TOEFLの問題集なんて誰も借りないからすぐ手に入るしね。
テニスは1時間40分。屋内コートだけど、空調なしでファンのみ、蒸し暑いぞ('A`;)
7月21日(月)
10時40分帰宅。
水曜日が期限のBook Reportを仕上げていました。
テニスを2時間弱。因みに、土・日は主人も入れて3人でしました。コートに入るには、直行とジムの所を迂回するコースとがあります。コート内は蒸し暑いので少しでも涼んでいこうとジムから入ると、平日は筋トレ中の大学生っぽい男子がウヨウヨと。たま〜に、ハンサムボーイがいて目の保養。
7月22日(火)
10時40分帰宅。
今日はブリトニーと1時間も話し込んで疲れたそうです。彼女もそうらしいですが、アニメオタクが急増中。この小さな町の本屋でさえ、「MANGA」コーナーが出来、日本の漫画が英語で販売されています。ポピュラーのからそうじゃないのまで広範囲。意外にもアメリカ人の方が日本の漫画事情に詳しかったりする現実。工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,,
お腹が空きすぎて、今日は1時間半でテニスは終わり。
7月23日(水)
10時40分帰宅。
まだ2日残っているのに、英語の成績が出ました。Aですって。
最終日にテストもあるっていうのに、1日休んだのに欠席もないことになっているし、余程信用されているとみえます。

こんなに早く出たのは、・・・
多分、受験のため。
日本の大学を受験するので、成績証明書・卒業見込み証明書・在籍期間証明書をサマースクールの成績が出た時点で欲しいと言っていたから。
それはいいんです。覚えていてくれただけでも有難い。
しかし、これじゃぁ役に立たないんだな(´・ω・`)
←在籍期間が2年に満たないし、
 卒業年月日が2008年7月25日って→
まだ、必須科目の政治学0.5単位が取れていないんです。その為、来学期もまだ通う予定なんですけど。
その様に、コメント欄に記入してあるのに、何故だ?
7月24日(木)
10時30分帰宅。
今日は10時15分に終わったようです。カウンセラーを訪ねてウロウロしたみたいですが、既に夏休みか?会えませんでした。仕方ないので、用件をメールしたんですが・・・、出願に間に合うかな?
成績証明書を6通お願いしていました。
厳封したのが1通しか見つかりませんでした。何故?
厳封を開封せずに返すべきかどうかで悩んだ挙句、開けてみたら6通入っていたわけです。それも驚きましたが、内容が・・・(´;ω;`)
前回のHonor RollどうしてSeniorの欄に載っていたか原因が解りました。11年生をスキップして、この夏卒業ということになっていたから、去年を無理矢理Seniorにしたかったようですね。
昨日1時間半、今日2時間弱テニスをしました。この調子でいけば、部活も大丈夫か?
そう言えばなっちゃん、日焼けすると発熱するんでしたヽ(;´Д`)ノ
7月25日(金) Summer School 最終日
9時20分帰宅。
結局、予定終了時間の12時15分まで授業があった日はなく終わりました。内容もグダグダ、授業態度も如何なものか?って感じでした。この6週間で、どんな進歩があったのか未知数ですが、英語12の単位はいただきました。
終了後カウンセラーを訪ねたようですが、8月4日まで休みとのこと。願書提出に間に合いません(´;ω;`) アポイントを取ったら来るのではないかとのことなので、メールで交信中。
在籍期間が少しでもあれば日本の高校の成績証明書も必要とのことで、少し前から依頼していました。日本の学校が夏休みに入った最近ようやく準備を始めてくれましたが・・・、成績証明書の依頼書に印鑑が必要とのこと。日本は何でもハンコなんだよヽ(`Д´)ノ
めぐちゃんに、高校に行くよう頼みましたが、「私、今、試験中で微妙なんだけど・・・」とのこと。
おぃおぃおぃ・・・お〜〜〜いヽ(`Д´)ノ   
入試の前に、難関がいくつも待ち構えています(´;ω;`)
7月26日(土)
Senior Photoを撮りにスタジオに。一昨年まで学校指定のスタジオだったようですが、次々と送られてくるダイレクトメールは他市になっていました。
3回も4回も着替えて野外で撮るSeniorが多い中、「私は嫌だヽ(`Д´)ノ」のなっちゃん。一番簡単なセッションの予約をし、ついでに家族写真も。
毎年結婚記念日に撮っている家族写真。今年はめぐちゃんがいないことから撮ってませんでした。いないことも記録となるのでついでにね。
家族写真と一人のとそれぞれ背景もポーズも変え30分ずつ。疲れました。
午後から、なっちゃんはAちゃんとデート。私は願書用の証明写真を焼き増しにスーパーへ、主人は願書に付ける書類をコピーしに会社へ。
7月28日(月)
兄から荷物が届きました。ハリーポッターの最終巻とお菓子もろもろ(^ω^) 
大喜びで、テンション上がりまくりのなっちゃんです。
出願予定校2校の募集要項も入っていました(まっ、当然なっちゃんはスルーですけどね)。

4時から1時間半ほどテニスをしました。日曜日は3人で2時間しました。
ここからは細々したことで、これから海外出願する人には有効な情報かも?
問題は色々あります。
・現地校のカウンセラーとうまく意思疎通できないことも一つ。貰った書類では役に立たないし、今は休み中らしいので、カウンセラーが学校に出てくる8月4日にアポを取りました。それで全て上手くいくとも思えないので、何度かやり取りする間に出願期間を過ぎてしまうことも有り得ます。そう思って早くからお願いしていたんですが・・・(´;ω;`)
・日本の高校に在籍期間の成績証明書が必要。7月末までに受取りたいと言っていたにもかかわらず、用意を始めてくれたら、担任と管理職の意見が食い違って即発行とはなりませんでした。ハンコがどうしても必要で、申請書類の形式を全て整えないといけないとのこと。「後で郵送しますから」では、聞き入れてもらえませんでした(´;ω;`)
・募集要項の請求について
  2校は、ホームページからダウンロードできました。
  2校は、海外まで募集要項を送ってくれました。1校は無料。1校は、支払いは日本からのみなので、日本の住所を書けとのこと。
  多くの学校がテレメールで請求できますが、郵送先は日本国内のみ。
  帰国生受験は、テレメールで請求できない学校も多く、返信用封筒に日本の住所を書いて請求しなければいけません。
  そして、募集要項の発送を開始する時期がバラバラです。
・入学検定料について
  主流は、日本の銀行窓口からの振込みのみの学校と郵便局窓口からのみの学校。振込用紙で払ってもらって、払込証明書をこちらに郵送してもらって願書に貼付して出願します。
  期日までに払い込めばいい学校は間に合います。が、出願期間内(だいたい1週間)と書かれている学校は無理です(´;ω;`)
  海外から送金できる学校もあります。円建銀行小切手を送るところと、電信送金するところです。あと小為替を送るってのもありましたが、日本に行かないと買えないじゃん。
・写真について
  願書に写真を貼付しますが、1枚の学校もあれば2枚もあり。
  今までのところ、サイズは4cm×3cm、4.5cm×3.5cm、5cm×4cmです。
・書類について
  ホームページからダウンロードできると書きました。A4版(210mm×297mm)に印刷して出せとあります。
  アメリカは、Letter Size (8.5" x 11") が主流です。換算すると、約216mm×279mmです。長さが2p弱足りません。その部分が印刷されません。
  稀に使用するらしいLegal Size (8.5" x 14"(約216mm×356mm))を手に入れ、不要部分をカットして使う予定です。
  これから渡米の人は、A4版を持ってこられたほうがいいと思います。
・返信用封筒について
  ほぼ日本国内住所を書くよう指示されます。
  私立大学は学校負担で受験票を送ってくれるようですが、国公立には返信用封筒というのが付いていました。
  今のところ90円だけの学校、350円の速達料金の学校、360円を2通分の学校があります。
  日本の郵便切手をお持ちになって来られた方が良さそうです。
・出願期間について
  短い大学で5日間です。日本国内だと当日消印有効とありますが、海外から出願する場合はこれは適用されないので、期間内に届くように送らないといけません。 
  郵便が非常に信用ならないお国柄、緊張します。
  学校によっては、国際宅配便での出願を認めているようですが、だいたいは郵便局です。
  それぞれの学校が、配達記録速達、書留速達、書留と指定しています。
  大学側から願書受領の案内はないので、本人が確認できるような郵送方法を選ぶこと。書留速達にすれば間違いがないと思っています。  
7月29日(火)
11時起床では、テニスなんて行ってられませんヽ(;´Д`)ノ
10時に寝かせたのに、一体何時間寝るんだ?
めぐちゃんが、高校にハンコを押しに行ってくれたそうです。さて、いつ届くだろう?
7月30日(水)
先日写真館で撮ったSenior PhotoのProofができたので撮りに来いとのこと。
一番簡単なセッションにしたので、Proofは5枚です。
その中から選ぶんですが、なっちゃんはこの鉛筆に決めたそうです。
日本では考えられないような小道具にポーズ。
これも記念かなと。

ここに寄った後でテニスを1時間半しました。
7月31日(木)
明日からクラブ活動開始。そのことでチームメイトから電話がありました。金・土の練習は中止となり、レギュラー選手を決めるためのトーナメント試合になったそうです。練習もせず、いきなり試合です。各個人でレッスンを受けていたようなので、試合もありなんでしょうね。
その電話があってから、「あ〜嫌だ。嫌だ。嫌だ〜〜〜」と、ナーバスになっております。
「嫌だったら出なきゃいいじゃん。土曜日はテストだしさ、明日試合で日焼けしたら熱が出るよ」と言ったら、「だって、エキシビションに出てくる相手選手は弱くてつまらないんだもん。レギュラーじゃなきゃさ・・・」とのこと。だったら、頑張りましょうよヾ(゚ω゚)ノ
8月1日(金)
7月11日に受験したTOEFLの結果がネットで公開されました。Reading 21、Listening 27、Speaking 17、Writing 22、Total 87点。
前回から23点も上がっていました。今までの最高点からでも11点の伸びです。各科目30(合計120)点満点だから、Listeningなんてかなり良いと思います。Rank2の大学なら大丈夫か?でも、Rank1にはまだ足りません。苦手なSpeakingがどこまで伸びるか?
明日、多分最後になると思われるTOEFLを受験します。
本日は、夕方から雷雨になりました。6時半からのテニスの試合は中止になるのかと思えば、YMCAのコートに移動してやるらしい。5時少し前に電話があり、「今から30分以内に来れる?」
行ってみたら、クラブのレギュラー決めじゃなくて、市の大会だったそうですヽ(;´Д`)ノ
それだったら無理して行くんじゃなかったのにと思いつつ参加費$15払って試合をしました。ストレート勝ち。「じゃぁ、明日10時半に大学のコートね」と言われ、「無理です。明日試験があるので、4時以降でないと参加できません」と言ったら、あっさり相手もOKして4時に。どんなトーナメント?
8月2日(土) TOEFL
6時半家を出て、8時半に会場入り。手続きをして、9時から4時間の試験です。出来は、何とも言えないらしい(´;ω;`) どんどん難しくなっているらしいTOEFL。過去の問題集には、Readingの設問は3〜5と書いてあるのに、ここのところ5問だったそうです。それが今日は3問だったため、逆に焦ったそうですが、今までで一番集中してできたそうなので、結果が楽しみでもあります。
日本食レストランで食事をした後に急いで帰り、4時コートに到着。炎天下での試合。なっちゃんには無理です。ジュースを繰り返しつつもゲームは取れず、ストレート負け。ある意味「やった〜」とほくそ笑んでいたら、「明日も試合あるよ。12時半からね」だそうです。エッ?トーナメントじゃなかったの?負けたら終わりじゃなかったの?

日曜日の11時、「今日の試合はなかったよ。僕の間違いだったよ」と担当から電話あり。ゆっくり寛いでいました。
8月4日(月) 面談、部活スタート
11時からカウンセラーと会ってきました。
政治学の単位がないと卒業できないことをお互い確認しました。1月卒業の見込書と成績証明書、在籍証明書を木曜日までに発行してくれる約束をしましたが・・・。本当に受け取れるまで信用できませんヽ(;´Д`)ノ
本日4時から部活の開始。今朝まで「嫌だな、嫌だな」と言っていたのに、3時40分には嬉々として出かけていきました。
8月7日(木) 生徒ID、スケジュールの配布
COURSE CREDIT
1 PSYCHOLOGY 0.50
2 DESKTOP PUBLISHING 0.50
3 ESL 0.00
3A HOMEROOM 0.00
4 AMERICAN GOVERNMENT 0.50
5 LUNCH 0.00
6 STUDY HALL 0.00
7 SPANISH V HONORS 1.00
8 BASIC ENGLISH 12 1.00
9

今日はシニア(12年生)の登校日。
学校に行って、写真を撮って生徒IDを発行してもらい、来年度のスケジュールを頂いてきました。
前期しか出席しないので、All Yearの1.0単位の授業は受けれるものの、単位はもらえません。
スペイン語は好きだから選択したんだけど、英語はつまらないBASICを取って無駄にするより、0.5単位の他を選択して英語力を付けた方が良いかもしれません。
このスケジュールで絶対落としてはいけないのは、必須科目のAmerican Govenmentだけです。
自分でも言っていましたが、「楽そう(ノε`)」です。
まぁ、帰国受験する予定なので、休みが重なってフォローに四苦八苦するよりも良いかもしれません。
しかし、何で9時間目はないんだろう?
お願いしていた成績証明書、その他の書類を頂きました。
前回発行された成績証明書の「どこも変更することはできない」と言われてた割に、9年生(日本の中3)の成績が消えています。何でも言ってみるもんですね(^ω^)
8月4日〜9日 部活
1週間かけてシングルスレギュラーNo.1〜No.3を決めました。
4日4時〜6時半、No.2に挑戦する試合でジュネールに6-2、6-0で勝ちました。ケルシーとブリトニーが戦い、ケルシーがNo.1になりました。
5日4時〜6時半練習。
6日4時〜6時半、No.2のブリトニーに6-4、6-2で負けました。
7日4時〜6時半練習。
8日4時〜6時半、大方の予想では勝てると言われていたリンジーに7-5、7-6で負けました。
9日10時〜12時、No.1決定のケルシーと試合し、6-4、6-0で負けました。
シングルスで負けた子は、ダブルスのレギュラーになるそうで、ジュリーと組む予定だそうです。
ダブルスは、相手がミスしたら慰め、ナイスショットだと褒める、常に気を使わなきゃいけないため苦手です。シングルスなら勝っても負けても自分の責任。「もう嫌だ。部活止める」と落ち込むなっちゃん。
ここ半年、運動しなかったツケがきています。
屋外に出ることがないので真っ白な皮膚。日焼け止めは塗るものの、いきなりの直射日光で真っ赤になり日々熱っぽい。
歩くことがないので、足は弱い。ちょっと走ると脹脛がつるし、足の裏・指が水ぶくれに。走って躓き足首を痛め、元々痛い親指の巻き爪が悪化するし、中指の爪が半分で折れたりしました。
毎日どこかを痛めたと帰ってきます。1ヶ月前からYMCAで準備を始めていましたが、そこは屋内コートだし、相手が私じゃぁね・・・ヽ(;´Д`)ノ
チームメートは、シーズン外でもレッスンを受けていたらしいし、試合の相手がチームメートでも容赦しない。かえって奮い立つらしい。
「折角仲良くなったのに、私が勝ったらこの後気まずくなるのが嫌だ」と思うなっちゃんとは違います。まだまだそこらが日本的です。
心身共に、もう少し鍛える必要があるようです。
書類
日本で通っていた高校の1学期間だけの成績証明書が、めぐちゃんから送り届けられました(8月5日)
1通700円です。
殆どの大学は、日本の銀行(郵便局)の窓口からの振込みしか受け付けませんが、最初に受験する2校は海外送金可能です。
主人が仕事で取引のある銀行の担当に確認し、「どこの支店でもできます」という回答を貰って木曜日(8月7日)に出かけましたが・・・(´;ω;`)
「僕は15年この仕事をしているが、円建なんてやったことがない。できないよ」とマネージャーが即答。なんだかんだあり、主人が回答を貰った担当にそのマネージャーが電話で確認して、やり方を習った?のか、「できるね」と。
小切手は、本店から支店に月曜日に郵送されてくるので、取りに来いと言われていました。が、本店の人が気を利かせたのか、土曜日に直接自宅に届きました。
日本でなら確認もせず拒否するなんて考えられないことですが、自分に絶対的な自信を持つアメリカ人は、自分が知らなきゃ「できない」し、できないことでも「できる」と安請け合いをすることも多いです。アメリカ人の「できる」「できない」は、信用しないこと。一人だけの言葉を信じず、色々な人に確認することが必要です。
受験料35,000円に支払銀行手数料2,500円を加えた37,500円を送金します。
$1=105.4128円(8月8日現在)で計算された受験料は、$355.74です。それに銀行の発行手数料が加わります。
←電信送金のコピー
 手数料$40 
円建銀行小切手→
手数料$30 
11日付の地元紙。
今年のレギュラーメンバーをずらずら書き綴り、誰が強くて期待できるかとか書かれています。
工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,,
8月11日(月)試合
12時15分集合。1時から試合開始。
ダブルスNo.2として出場しました。6-4、6-3のストレート勝ちですが、最初はジュリー(ペア)に申し訳ないほど絶不調。ペアに気を遣うことで萎縮してしまったようです。
相手は昨年の優勝校らしく、スクールバスで来校のよう。
バスの運転手さんは、3~4時間の待ち時間、このように日陰で読書中。
12日付の地方紙です。
この地区の昨年、一昨年の優勝校だったらしく、全勝するつもりだったようです。
だから、ダブルスの.2っていうのに、相手校のコーチが張り付いてアドバイスしていたんだわ。
コートチェンジの度に呼ぶから、鬱陶しかったんだよね。こちらのコーチも負けじと途中から呼び始めたので、終わってから、「アドバイスは何だったの?」と聞いたら、「いいよ。このままでいいよ。サーブは入れてねってどうでもいいようなことよ」と。面白いです。
学校の戦績としては1勝4敗で負け。だけど地元紙、大々的に書きます。
8月12日(火)試合
午前中に自校で、午後から他校での試合。本日はダブルヘッターなのでシングルスレギュラーは午前中に試合をし、午後からはダブルスに移るそうです。なので午後の遠征試合は、「HitomiはNo.1シングルスね」ということになりました。
今日試合前の練習中に、ガットが切れたそうです。半年前にラケットを折り、これは3月に買ったばかりの物。しかも、本当に使い始めたのはこの1ヶ月くらいのものです。それなのに、もうWilsonのWが消えかかるくらい薄れてきて、とうとうガットまで切れちゃったと。予備を持って行ってなかったので、チームメートが次々「私のを使いんちゃい」と言ってくれたそうで、そこで泣きそうになったとか。優しいわ〜〜〜。だから、このチームメートが相手だと闘争意欲が湧かないのよね。
試合は、7-6、6-1で勝ったそうです。2セット目は、もう相手がボロボロで、泣きながら試合をして、サーブも入らなくなっていたそうです。昨日の試合でも思ったことですが、こちらの子は、メンタルが弱いのかしら?負けそうになると自滅のパターンが多いようです。
なっちゃんは、相手に気を遣って崩れるタイプなので、相手が全く知らない他校の子だと、泣こうが(ヒックヒックとボロボロ泣いていたそうです)喚こうが(罵る言葉が次々出てくるそうです)平気でコースを狙ったり、ビシッと決めたりできます。試合後チームメートから、「Hitomi、今日は怖かったわよ」と言われるくらい、伸び伸びと戦えて、「気持ちよかった〜」そうです。やはり、シングルスの方が好きなんでしょうね。
13日付の地方紙です。
オリンピックのテニスと同じスペースを割いての掲載。
地方紙とはいえ、ビックリです< ;`∀´>マジっすヵ!!
8月13日(水) 集合写真撮影
  10時から写真撮影でした。
ウエアが間に合わないと言われて、「Tシャツで写真撮るなんて、ダサいじゃない。どうにかならないの?」と皆がクレーム。何とかなったようです。
間に合わないと聞いて喜んでいたなっちゃん、「絶対、ウエアなんて着ない。買わない」と言い張っていましたが、世話役に「サイズは何?」と聞かれたら、注文するしかないし、撮影に間に合ってしまったからには着るしかない。
皆がSとかXSでピチッピチッを着る中、ゆる〜いMをゲットしてニンマリ。同じように揃いのTシャツも届きました。大きめだし、デザインが・・・どうよ・・・(´;ω;`)
ウエアー$75、Tシャツ$8
シャツは白と水色の重ね着タイプで白い方の紐が後ろでクロスするので着にくいそうです。
スコートとアンダースコートは一体型。
このボーダーが「超ヽ(*・∀・)ノヵワィッ」と皆さんの評判もよろしいようです。
スコートをめくったら・・・
撮影後、ラケットを買いに行きました。
予備のラケットを入れておくためにバックも買いました。
去年から、「バックもいるんじゃないの?」と聞いていたのですが、続ける気がなかったみたいで「勿体無いじゃん」と拒否されていました。
ここに来てようやくやる気が出てきたか?
セール品のラケットは$75、定価のバックは$48
8月14日(木) Off day、Parents meeting(7:00pm〜)
1時、Aちゃんと遊びに行っちゃいました・・・(´;ω;`)
・・・ちょっと、・・・ちょっと聞いてみますけど、なっちゃん受験生ですよね???
Aちゃんは、夏休みを利用して家族を訪ねているので、25日に帰国するそうです。それまでに自分の荷物の整理とかもあるようなので、忙しいらしい。日本でアパートを借りて、高3からの一人暮らし。2年前のめぐちゃんと同じ境遇? ウッ(´;ω;`) 身につまされるわ。
時間が限られていることだし、ここでできた初めての友達、そりゃぁ遊びたいよね・・・   と自分に言い聞かす私。
夏活動する部活動についての保護者会のため、6時45分には家を出なきゃいけないのに、帰宅はギリッギリッの6時半ヽ(;´Д`)ノ
7時〜8時までが全体説明。
主題は二つ。
1、(日本では院内感染で問題になっている)MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)がアメリカでは公共の場へと爆発的な感染が拡がった為(感染者9万人以上、死者2万人弱、2005年現在)、予防策の説明です。
 感染は菌と直接接触する事により起こるので、頻繁に手洗いをする事、身体に傷がある場合はそこから感染しないよう(もしくは感染させることがないよう)に傷口を保護しておくこと、ジムなどで石鹸・タオルを他の人達と共有しないこと、運動後は即シャワーを浴び清潔な衣服に着替えることなどです。
2、OHSAA(Ohio High School Athletic Association、オハイオ州高等学校体育協会とでも訳すの?)の説明。
 文武両道、5科目以上の科目選択、GPA1.5以上(落第がないこと)が最低ライン。GPAとSAT、ACTのスコアをNCAAに直送することで、奨学金受領の機会が増えることなどなど、奨学金についてかなりの時間を割かれて説明されました。こちらの大学の授業料はメッチャ高いので、奨学金でも受けないと通わせるのは難しいようです。
 因みに、今年のなっちゃんの選択教科は5科目。先週、「2時間目のDESKTOP PUBLISHINGが人数揃わなくてキャンセルされたから、STUDY HALLね」と学校からの留守電が入っていました。1時間目のPSYCHOLOGYと変更することで事なきを得ましたが、危うく4科目になり、部活ができないところでしたヽ(;´Д`)ノ
8時〜9時までクラブに別れての説明会。今年は部員24人なので、基本はスクールバスでの遠征になるけど、チャーターできない時のドライバーが出来る人?部活動費を潤わせるために、他の部の試合の時に、物売りをしたいんだけど、手伝える人?公式試合の時に差し入れする人?など。
実は、このParents Meetingは子供も参加するものだったらしいです。参加は少なくとも片親、両親がベストって書き方だったので、なっちゃんは不参加。皆さん、選手が親を紹介する中、自分で自己紹介する親3人。一人は「今日は教習所で・・・」、もう一人は言い訳されなかったので、私もそれに倣いましたが、さて、明日、なっちゃんは何て言い訳するのでしょうか?
 因みに、こういう時の父親参加率、メッチャ高いです。半分以上が父親、若しくは両親揃って。日本との違いですね。
8月15~16日 部活
15日4時から1時間だけ練習して、近くの小学校で夏活動のクラブによるパレードがあったそうです。あっという間に終わったそうで、5時半には帰宅。場所を知らないのでコーチの車の後について行ったものの、帰りをどうしようと思っていたら、すぐに馴染みの道路に出たようです。うちの近くだったらしいヽ(;´Д`)ノ
その時、「Hitomiがシングルスが好きなのは知っているけど、チームを助けると思ってダブルスをやってくれないか?今のペアの子は嫌い?」等聞かれたそうです。いくらシングルスが好きでもレギュラーの子に勝てないんだから仕方ないと思っているので、そこは納得しています。
16日10時からダブルスNo.1の子達と試合。8-1で勝ちました。とても弱いらしいです。これがNo.1じゃぁな・・・。11時には帰ってきました。
時事問題と日本語力の向上のため、しばらく朝日新聞を取ることにしました。
新聞は毎日NYにてお昼頃翌日付けの印刷をし、 同日夕方投函されます。郵便局が休みの日曜を除いて週6日翌日付けが投函されます。この地区は個別配達($90/月)はなく、郵便のみです。ファーストクラスメールが$90/月、セカンドクラスメールが$60/月です。ファーストクラスはこの白い封筒に入っています。14日付の新聞が16日に届きました。両メールの違いを知るため1週間モニターします。
多分、月曜日にまとめて新聞が届くと思われますヽ(;´Д`)ノ
10月4日のSATを申し込みました($45)。
8月18日(月) 試合
3時45分からホームゲーム。その前に、オフィスに行き新しいスケジュールと生徒手帳を貰い、ロッカー番号と鍵番号の組合せを聞きました。
明日から新学期です。
試合は、ダブルスNo.1で出場。1-6、4-6の完敗。ダブルスが上手く機能していません。二人の間を抜かれることが多く、それが辛くて、「もう嫌だ。ダブルスはしたくない」と泣き言の嵐。
月曜日ですから、やはり新聞は2部ずつ配達されました。
ファーストクラスメールが15日、16日付。日付より2日遅れ。
セカンドクラスメールが14日、15日付。日付より3日遅れ。
当日届くわけでもなく、1日の差なら、セカンドでいいかな?
ただ、雨の日の新聞は、びしょ濡れだと思われ、読めるんだろうか?
今年は自習が2時間あるし、遠征試合の移動時間の暇潰しも、これまでは小説でしたが、これからは新聞をもたせることにしました。
1校目の願書を出しました。18日午前中に郵送、22日に届くそうです。
窓口で書留速達はないと言われました。速達には最初から$100の保険が付いているのですが、小切手分と願書の重要性を示すため$500にしようとしたら、「保険掛けても小切手は保障されないよ。その分丁寧に扱われるってこともないし、そうしたければ、書留にしな。でも、配達に時間がかかるよ。早く送りたいならこれだし、これなら届く日が保障されているよ」とのこと。
今回の受験校の指定郵便は、配達記録速達なのでヨシとしました。
伝票の番号でここで追跡できます。まだオハイオ州内です(19日現在)。
←危うく速達用の封筒に入れられるところでした。というか、入れられちゃいました(´;ω;`)
「本学指定の封筒で配達記録・速達にて郵送」と書かれているので、
「出してよ、このEXPRESS MAILの封筒じゃ駄目なの。元の封筒のままで送りたいの」と説明して、裏側に送り状を貼ってもらいました。
封筒が違うからと受取り拒否されることもないでしょうが、できるだけ大学の意向に沿いたい私です。
こちらでは、学校指定の封筒で出すとかってないんでしょうか?

inserted by FC2 system